★妊娠線治療は保険適用なしの全額自己負担!!だからこそ、自己責任で病院選びを!★

FireShot-Screen-Capture-#310---'妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方'---妊娠線・肉割れ_jp

妊娠線治療を病院で行う場合、ご自身に合った治療方法や病院の実績・設備も大切であるところ、各病院の治療費も気になるところです。というのも、妊娠線治療は自由診療扱いであるため保険が適用されず、治療費が全額自己負担だからです。確かに、クリームやオイルを使っての自宅治療は身体への負担が軽い上、お財布にも優しいです。しかし一方で、治りが遅く、その治りにも個人差が出てくるというマイナス面もあります。やはり治療が難しい妊娠線治療だからこそ、そして悩みを少しでも早く解消するためにも専門医にかかることはオススメです。気になる費用面ですが、各病院・治療方法によって差があります。細胞を活性化させることで血液の流れを元気にし、妊娠線を薄くする血流改善ガス治療は副作用の心配がほとんどない安心の妊娠線治療といわれており、最近注目されています。病院や個人差にもよりますが1、2週間おきに4、5回の治療を行います。一回につき安い病院で15000円〜設定しています。レーザー治療はそれこそ、病院によって使っている設備が異なっているため、料金設定の差はとても大きいです。安いところは1万円〜高いところは20万円と様々です。ただ、安い料金設定だから良い・高い料金設定だから大丈夫、と考えるのではなく、いくつかの病院をピックアップして比べることも大切です。自分に合った治療方法・副作用の有無は自分自身にしか分からないからです。「妊娠線・肉割れ治療比較ランキング」では妊娠線治療を行っている病院を多く掲載しています。まずは病院に行くきっかけとして「妊娠線・肉割れ治療比較ランキング」を利用してみてはいかがでしょうか。

★レーザー治療の効果ってどうなの?妊娠線治療で人気の治療法を知らべてみました!★

07157fbe5c2d22a9a9d32dbde56cf5c2_sお腹や太ももなどにできてしまった妊娠線や肉割れを改善させる方法として専用クリームなどがありますが、なかなか効果がでないという方や、ひどい妊娠線・肉割れに困っている方はレーザー治療を受けて妊娠線や肉割れを消してもらうという方法があります。レーザー治療は、美容皮膚科や美容クリニックなどで治療を行っていますがクリニックによって治療方法が様々ですし、必ずしもレーザー治療があるとは限らないので事前に調べておいた方がいいでしょう。レーザー治療の効果や治療費などに不安がある方も多いかと思われますので、ここではレーザー治療の詳細や費用などについて解説していきたいと思います。まず、レーザー治療にかかる費用は治療する箇所のサイズ×治療回数=治療費としてあるクリニックが一般的のようですが、サイズの単価はクリニックによってかなりばらつきがあるようです。次にレーザー治療の効果ですが、レーザー治療はレーザーの光を皮膚に当てることで肌の真皮に原らきかけ、肌本来の力で皮膚を再生するように促していきます。レーザーの熱を当てた肌は、真皮層にあるコラーゲンの生成が活性化していき古い皮膚がはがれて新しい皮膚が再生していきます。レーザー治療のメリットは、短期間で妊娠線や肉割れを修復できる可能性がある、ひどいしょうじょうの妊娠線・肉割れにも効果が期待できるところです。また、治療時間が短時間ですので忙しい方でも手軽にできるところも魅力でしょう。一方で、レーザー治療のデメリットとしては、専用クリームなどに比べるとかなり高額な費用がかかってしまうところです。また、すべての皮膚科・クリニックで効果が出るわけではないので、効果を全く実感できない可能性もありますし、治療を受けたあとに副作用が出る恐れもあるので注意しましょう。専用クリームを使うよりもレーザー治療を受けた方が妊娠線・肉割れを目立たなくできるかもしれませんが、皮膚科・クリニックには実績や技術の差やレーザー機器の充実度に違いがあるので、施設によって得られる効果にはかなり差があることが分かっています。レーザー治療は、肌の真皮に熱の刺激をあてるため、人によっては皮膚が赤くなったり痛みを感じたり、火傷した跡のような症状が続いてしまったり副作用が出る場合がありますので、副作用が心配な方はいきなり治療に入らず皮膚の様子をみながら治療をすることをおすすめします。このように、レーザー治療は、クリニックによってかかる治療費も違いますし、取り扱っているレーザー機器が違います。また、妊娠線・肉割れの範囲や症状によって、レーザーを当てる回数や費用に個人差があるようですので、まずはカウンセリングを受けて治療内容や費用面を教えてもらった方がいいでしょう。レーザー治療を受けるときには、専門的な技術を持っているクリニックを選ぶことが大切です。妊娠線や肉割れの治療に対してどれくらいの実績があるのか、使用するレーザー機器はどのようなものなのか、副作用はないのかなどきちんと説明してくれるクリニックを選びましょう。初回のカウンセリングを無料で行っているクリニックも多いので、複数のクリニックでカウンセリングを受けて慎重に選ぶことをお勧めします。

★トレチノイン成分を含んだ薬による妊娠線治療について★

妊娠線治療にはさまざまな保湿クリームが販売されていますが、いずれも予防に有効であるというしっかりとした研究データがないのが現状です。乾燥を防ぐという点では保湿クリームはもちろん重要ですが、それが妊娠線治療になるかどうかははっきりしていないのです。しかし、美容クリニックでは、妊娠線治療の目的として、市販のクリームより治療効果が望める塗り薬を処方してもらえる場合があるようです。妊娠線治療に処方される塗り薬の1つに、美白やしみの治療に使われているトレチノインという成分が入った塗り薬が有効であるという統計があります。 実際に、トレチノインが入っていないクリームを塗った方の治療効果は8%でしかなかったのに対して、 0.1%の濃度のトレチノインを1日1回、6ヶ月間妊娠線に塗りつづけた80%の方に妊娠線の改善が認められているのです。
では、トレチノインとはどのような成分なのでしょうか。トレチノインはオールトランスレチノイン酸とも呼ばれているビタミンA誘導体のことです。ビタミンAと比べると約50〜100倍の生理活性を持っている成分で、アメリカではすでに治療薬としてアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可されているようです。日本も以前は自己調剤として使用されていたようですが、皮膚への刺激があまりに強すぎてひどいかぶれを起こしてしまう副作用が問題になりました。ですから、現在、日本ではトレチノインは厚生労働省による認可が下りていないため、ドラッグストアなどでは購入することができません。ただし、美容皮膚科や形成外科などを受診すれば処方してもらえるようです。また、海外から個人でトレチノインを輸入して入手することは可能ですが、トレチノインは皮膚への刺激が強いため、自己判断で使用して、肌に深刻なダメージを与えてしまう場合もありますので、きちんと専門の病院を受診して医師の指導のもと使用したほうがいいでしょう。現在、トレチノインによる妊娠線治療は保険が適用されていません。ということは、医療保険が使えないので、全額自己負担になってしまいます。トレチノインが入った塗り薬にかかる費用は病院により異なりますがおおよその目安は3カ月分分で10,000円〜20,000円程度が相場のようです。トレチノイン成分を含んだ薬による妊娠線治療に興味がある方は、受診する前に電話などで費用の目安を確認しておくと安心かもしれません。

★妊娠線が一番できやすい時期や注意点★

妊娠した50~80%の女性に妊娠線ができるといわれていますが特に、20代の女性よりも30代以降の女性に妊娠線リスクが高いといえるようです。妊娠線ができやすい時期は、個人差はありますが、一般的には、赤ちゃんの成長が進みお腹が大きく出始める妊娠5~7ヵ月頃ですが、臨月に入ってから一気に妊娠線ができたという人もいるようです。

妊娠線ができる場所は、お腹まわりだけに限らず、乳房や太もも、おしりや背中まわりなどにもできることがあります。妊娠中というのは、赤ちゃんの体を守るために下腹部を中心にふっくらとした肉が付きやすくなり、乳房も母乳を出すために大きくなっていくので、このような脂肪がつきやすい場所に妊娠線はできやすいと言われています。また、妊娠中はホルモンバランスが変化するので、肌が過敏になりかゆみがでる方が多いのですが、かゆい患部をかきすぎてしまうと皮膚の断裂が進んで妊娠線ができてしまいます。ですから妊娠したことがわかったら、お腹が大きくなってくる妊娠4~5ヵ月頃までには保湿クリームやオイルなどを使って保湿対策を始めたほうがいいです。お風呂上がりは身体が温まり血行がよく、水分が皮膚にいきわたっているので油分や栄養成分の吸収が良いと言われていますので、入浴後のケアがおすすめです。

妊娠線ができる原因は、その方の生まれ持った肌質も影響しますが、日々の生活習慣も影響していますので注意が必要です。妊娠中の急激な体重増加も妊娠線をできやすくなりますので、体重をコントロールするためにも適度な運動を心掛けることが大切です。体調をみながらゆっくり散歩をしたり、妊娠中でもできるストレッチ体操をしてみるのもいいでしょう。妊娠中に体重のコントロールをすることで妊娠中毒症の予防にも繋がりますので、お医者さんと相談しながら適度な運動は続けていけるといいですね。

妊娠線を予防するためには伸縮性の良いしなやかな皮膚を維持することが大切なのですが、妊娠線中は体が変化していくのでなかなか難しいことです。ですから、スキンケアを毎日の習慣にして、コツコツと長く継続することが大切となります。万が一、妊娠線ができてしまったとしてもスキンケアを諦めてはいけません。妊娠線を目立たなくする妊娠線治療は色々とありますが、できてしまった妊娠線を完全に消すことは難しいので、妊娠線ができても保湿ケアを続けることが大切です。そうすることで妊娠線の回復が早くなり、妊娠線を目立たないようにすることもできますので妊娠中はスキンケアは怠らないでくださいね。